講座に参加して、なりたいWebデザイナーになろう

勉強

webデザイナーになろう

webデザイナーとは

勉強

ウェブデザイナーとは、簡単にいえばwebサイトのデザインを美しくする仕事のことです。ウェブデザイナーは、まず大まかなレイアウトを決めます。どのような見た目にするか、などについて決めます。その次は、デザインを作ります。webサイトの色合いを決めたりロゴをどのようにするか、詳しいレイアウトはどうするかなどについて決めます。最後に、コーディングします。デザインしただけではwebページはできず、HTML,CSS,JavaScriptなどを使用してページを作っていきます。ウェブデザイナーはデザインからプログラムまで幅広い知識が求められるだけでなく、依頼主の要望なども聞かなくてはいけないためコミュニケーション能力も必要な仕事です。

webデザイナーになろう

ウェブデザイナーになるには特に資格は必要はありません。知識やスキルなどがあればたとえ未経験だったとしても即戦力として仕事につけることもあります。しかし、いくら資格は必要ないとはいえ、コーディングなどの幅広い知識が必要です。そのため、高度な技術を持ち、ウェブデザイナーの資格を持っているとより有利に仕事につくことができます。ウェブデザインの資格検定にはいくつかあります。そのうちの一つは、日本Webソリューションデザイン協会が主催するJWSDA Webデザイン検定です。この検定ではwebデザイン概論やデジタル素材の扱い、インターネットの仕組みなど、幅広い知識が試されます。全体的なスキルを身につけるためにとっておきたい資格の一つです。